小牧市との懇談 参加者が次々と  現状や問題点・課題を訴える !

 2月17日(月)午前10時から12時頃まで市役所4階の404号室で福本平和で住みよい会代表委員含め20名の参加のもと29項目の重点要求について、市担当者と懇談を行いました。
 吉田総務課長のあいさつの後、前半は「子育て・保育・教育、障害者福祉、高齢者対策・福祉・介護」などの要求に対し、学校教育課長など8課の責任者と、18項目について懇談しました。
 最初に福本代表は、「市職員の大事なことは『一部の奉仕者の仕事をするのでなく、全体の奉仕者』を肝に銘じ、市長や上司を見てではなく、住民を大切にした仕事、『住民の安心・安全、そして、いのちとくらしを守る』という、住民自治を実践していただきたい。」と語りました。

こども医療費

   なぜ18歳までの入院だけなのか?
 こども医療費について「なぜ18歳までの入院だけなのか?来年度に向けて北名古屋名古屋市は通院まで実施予定。なぜ小牧ができないのか?」の質問に対し、「入院だけだと1200万円の予算だが通院まで含めると1億円超える。」に対し、「図書館建設で前所有者のごみ処理に市費を何億円もつぎ込むのに、お金がかかるはおかしい?」。
 保育園の土曜給食の弁当持参問題。「子育て支援、保育料無料化」に答え、近隣市では自治体負担にしている」に対し「無料化今のところ考えていない」の答え。「無料化に費用はいくらかかるのか」の質問に答えることができなかった。

巡回バスにも乗れない人に

   タクシーチケットを !
 高齢者運転事故や免許書返納など交通弱者対策に対し、担当者から「小牧は他市より巡回バスは充実している。年齢による一律補助は考えていない。」の答弁に対し、タクシーチケットの質問いっぱい出ました。
 「小牧は巡回バスを1時間に1本で65歳以上無料化頑張っているが、免許書返納して今は巡回バス利用しているが、往復に今までの3倍もかかる。」「巡回バスは遅れるし運転が荒い。」「取り残されたらタクシー呼ぶのに時間がかかる。」「巡回バスにも乗れない人にチケットを。」「消費税が上がって暮らしは苦しい。」「一人暮らしの実態調査されたのか。」など。交通弱者の実態調査されたのか疑問だらけ。災害が来たら高齢者は「死ね」と言わんばかりに思える。

今後、抽出閲覧ぜったいするな !

   市長によく言っておくように
 後半は、平和とその他の要求11項目の懇談だったが、平和の要求で終わってしまった。F35の騒音困っているとの訴えに「常時24時間自動の観測地点は小針会館で行い、F35の試験飛行の時は随時エアーフロントで行っている。結果などは、県や防衛省東海支局に口頭で伝えている」の答えに対し「行政で重要なのは、口頭でなく文書で行うべき。」「口頭では後日検証できない。後日、確認・理解できる文書でなぜ行わないのか。」など反撃がいっぱい出された!なお、「米軍機はH30年30回利用した。」と回答。努力すれば情報収集できる証明。(文書回答がなかったが)
 自衛隊の抽出閲覧で「抽出閲覧可能の法律あるのか?市民から『65歳の抽出閲覧』申請したら可能なのか?自衛隊だけ便宜供与する根拠は?」の質問に担当者は「口をモゴモゴ」と聞き取れず、参加者から「今後、抽出閲覧ぜったいするな!市長によく言っておくように。」と強く抗議した。
 最後に福本代表が、「国、安倍内閣のように『公文書書き換え・資料がない・忖度政治』でなく、『みなさんが、住民の安心・安全、そして、いのちとくらしを守るという、住民を大切にした仕事をしていただきたい』そのためには、近隣市の実態はどうなっているのか?情報と資料収集し、公文書で後日誰でもが判るようにしていただきたい。」又、懇談できなかった項目は、協議させていただき後日にお願いします。と

特定条件者だけの抽出閲覧ができたら

 ① 個人情報保護条例何のために制定されたのか。

 ② 小学生がいる家庭だけの親とか、一人世帯の高齢者とか など問題だらけに
 ◆ 特定業者や犯罪等に活用できる。

    たとえ、国、県などでも抽出閲覧は認めるべきでない。

f:id:sumiyoikomaki:20200223114600j:plain

重点要求の再質問・再回答・説明参考資料等 掲載

f:id:sumiyoikomaki:20200223115047j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20200223115201j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20200223120633j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20200223120733j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20200223120759j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20200223120822j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20200223120843j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20200223120905j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20200223120927j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20200223120953j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20200223121014j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20200223121033j:plain











 

市民の切実な要求 重点要求として市長に!

 私たちは、10/7(月)に「80項目の市民要求書」を提出し、11/15(金)文書で回答を受け、住みよい会で話し合い12/9(月)「29項目の重点要求書」を提出しました。

 1/10(金)までに重点要求の文書回答を受け、2/17(月)に市担当者と懇談する予定です。

 当初の要求に対し、回答がなかった項目や関係資料の提示がなかった項目なども多かった。職員の方々も努力されて見えると思いますが、市民の安心・安全や命とくらしを守る砦であり、安心して住み続けられる小牧市を願っています。

資料収集や情報把握 無くして仕事できる??

 近隣市の情勢や実態など把握して行政に生かしていただきたい。一例ですが「介護保険で県下の実態については、……具体的な内容は把握していません。」との回答ですが、愛知社保協が毎年自治体キャラバンを行っており県下の実態がわかる冊子を受け取っています。又、米軍機の飛来について、愛知県は『自治体から問い合わせあればお答えします。』と言っているのに………。????

 仕事をすすめるには「資料収集や情報把握」が基本になるはずと思います。

f:id:sumiyoikomaki:20191215175104j:plain

重点要求書再質問などに対しアドバイス、ご意見お待ちしています。

f:id:sumiyoikomaki:20191215175401j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20191215175420j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20191215175437j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20191215175456j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20191215175519j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20191215175540j:plain








 

山下市長に 抗議と説明責任求め申入れ

 市民の代表である市長の買春問題について、山下市長は「事実無根とか『法的措置』を弁護士と相談している。」と言いながら、週刊誌で報道されてから2カ月も立つのに未だに名誉棄損の「抗議」も「告発」もしていません。

 私たち「住みよい会」として12月9日(月)山下市長に、「週刊ポスト掲載記事について抗議と説明責任を求める申入書」を、茶谷代表から提出しました。

f:id:sumiyoikomaki:20191215165527j:plain

申入書です

f:id:sumiyoikomaki:20191215165421j:plain

 市議会が「ONE・TEAM」になって 真相解明を!

 市長申入れ後、小牧市議会議長に対し、市議会が「ONE・TEAM」になって真相解明に努力されるよう要請しました。

f:id:sumiyoikomaki:20191215170006j:plain

要請書です

f:id:sumiyoikomaki:20191215170059j:plain

 

 

2019年 市民要求と回答

 10月7日に提出した80項目の市民要求の第1次回答が、11月15日(金)小牧市長からありましたので掲載します。

 この中から絞って「再質問」を付して、近日中に「重点要求」として提出する予定です。ご意見などありましたら「コメント」欄にお書きしていただきお寄せください。

【要求と回答です】

f:id:sumiyoikomaki:20191122103610j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20191122103635j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20191122103655j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20191122103712j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20191122103728j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20191122103750j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20191122103809j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20191122103827j:plain

 

f:id:sumiyoikomaki:20191122104231j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20191122104251j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20191122104310j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20191122104328j:plain

 

「76項目」の市民の切実な要求を 山下小牧市長に提出

 10月7日(月)平和で住みよい小牧をつくる会(市内の労働組合や民主団体で組織)は、市民のみなさんの切実な声を「市民要求」に取りまとめ、山下小牧市長に「市民要求書」を提出しました。
 要求内容は、労働者などに関する要求、子育て・保育・教育などに関する要求、障害者福祉に関する要求、高齢者対策・福祉・介護などに関する要求、平和に関する要求、その他に関する要求など76項目です。
 11月15日(金)までに関係資料含め文書で回答受け、その後、重点項目を決め重点要求の回答を基に、来年2月頃に懇談を行う予定です。
 「みんなで議論し、みんなで要求し、みんなで行動」してこそ、平和な小牧・住みよい小牧・暮らしやすい小牧を実現させることができます。
 みなさん、私たちの活動や市民要求について、ご意見などお聞かせください。
【以下市民要求内容です】

f:id:sumiyoikomaki:20191008112557j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20191008112624j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20191008112650j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20191008112714j:plain

 

8月31日(日)F35戦闘機 買うな!作るな!飛ばすな! 学習会

 小牧平和県民集会実行委員会は、8月31日味美ふれあいセンターで70名以上の方が参加して「愛知の空に米軍機はいらない! F35整備拠点で私たちの生活はどうなるのか」を熱心に学習しました。
 望月尾中労連議長の「防衛省は地域住民に知らせないまま、人口が密集している名古屋空港周辺でのF35戦闘機の訓練飛行を許していいのか。戦争拠点化を阻止しよう」と訴えました。

 安倍政権は『骨の髄までアメリカン・ファースト』

小泉親司(日本平和委員会理事)の講演で、「安倍政権は『骨の髄までアメリカン・ファースト』(米国第一)の軍事費。」、「日本の軍需企業もビックリ『日本の防衛費の取引先のトップは米国政府』。」、「私たちの多額の税金が、米軍需産業に投入されており、安倍政権になってからの軍事予算うなぎのぼり。」、「後年度負担残額(借金で隠し軍事費)含めると『10兆円』を超えている。」(下表参照)

日本の軍事費の推移(2012年の途中から安倍政権)  単位:億円

 年度   当初予算額 補正予算額  合  計  後年度負担残額
 2012   4兆7100億  1200億  4兆8300億   3兆  555億
 2013   4兆7500億  1200億  4兆8700億   3兆1100億
 2014   4兆8800億  2100億  5兆  900億   3兆6676億
 2015   4兆9800億  1900億  5兆1700億   4兆4426億
 2016   5兆  500億  1900億  5兆2400億   4兆6537億
 2017   5兆1300億  2200億  5兆3500億   4兆8723億
 2018   5兆1900億  4600億  5兆6500億   5兆  768億
 2019   5兆2600億   ??    ??    5兆3396億

  そして、「F35は『日本の防衛』に必要なのか?」、「FACO(最終組立)計画の破綻。」、「147機ものF35の『爆買いと整備拠点』本当に必要なのか?」と問題提起。
 また、「青森での『F35Aの墜落事故』は米国の意向を受けた結論ありきの調査。」で、F35は欠陥だらけなのに、操縦士の問題にして名古屋空港での試験飛行を再開しようとしている。
 「対話による平和外交」でこそ

安倍政権の「アメリカ言いなりの軍拡」では日本の平和は守れない。朝鮮半島の非核化と平和のうねりに確信持って「対話による平和外交」でこそ構築できる。
 福本小牧平和委員会事務局長は、「今日の学習を基礎に、友人に声掛けして『10月6日の県民集会』を成功させましょう」と訴えました。
 【学習会の動画】 

youtu.be

f:id:sumiyoikomaki:20190903160250j:plain



F35戦闘機 買うな!作るな!   飛ばすな! 小牧平和県民集会

 防衛省は8月28日に、29日以降、順次、F35ステルス戦闘機の試験飛行を再開すると発表しました。(怒り心頭)

 防衛省は「ご理解いただいた」と言っていましたが、住民の人たちに知らせずにご理解を得たというのはどういうことでしょうか(怒)

 欠陥だらけのF35戦闘機。いつ墜落事故起こすか不安がいっぱい。人家密集の市街地に「墜落」したらと考えただけでも「怒りが」、だれが責任取るのダ~~~

この怒りを行動で表しましょう!

小牧平和県民集会  

10月6日(日):市之久田中央公園
  12時30分~ アトラクション
  13時00分~ 団体からの訴え
  13時15分~ 平和集会
  14時00分~ 平和パレード小牧駅に向かって
  15時頃    小牧駅流れ解散

【集会チラシです】

f:id:sumiyoikomaki:20190831181913j:plain

みなさんのご参加をお待ちしていま~す