平和で住みよい小牧をつくる会

〒485-0044 小牧市常普請3-159 0568-72-2229

43名が小牧基地現地見学学習に参加 !!

 9月28日(木)豊山町の神明公園、三菱重工の北側、空港に隣接した公園に小高い丘の空港が見渡せる場所で、小牧基地・現地見学会があり、当初は建物の外で行い、小牧基地の現場を見ながら建物や軍用機の種類など43名が参加して説明した。
 小雨が降ってきたので建物内に移動して、原水協の横江さんが「空中給油機、F2,オスプレイ、F35などの航空機写真」を見せながら説明する。
 当日は、FDAの旅客機が離発着訓練を繰り返していたが、いつもと比べなぜか自衛隊機の飛行は少なく、F2戦闘機と三菱重工で整備されている海上自衛隊のヘリコプターが飛んだだけ。

 説明終了間際F2が離陸するからと見ていたら、金属音を響かせて飛び立った。爆音は、FDAの旅客機と比べて比較にならない高音で、戦闘機の爆音に参加者から「体が震えるようなつんざく音でビックリした」などの感想でした。
自衛隊機だけでなく米軍機も三菱重工で整備 !
 場所を豊山町社協センターに移し、小牧平和委員会の福本さんから「F35ステルス戦闘機が2機組み立てられテスト飛行している。あと、36機組み立てとテスト飛行を繰り返される。
 さらに、「岩国にいる米軍のF35戦闘機も修理・点検に飛来する」、「名古屋も含めた基地周辺の住民の安全・安心はないがしろにされる」、「戦後、軍用機は基地周辺に14回も墜落している」、「欠陥が276ヶ所もある欠陥飛行機であり、墜落事故も心配される」などの説明がありました。
安倍9条改憲とF35戦闘機の整備拠点化反対は 連動している
 民間定期路線のほとんどが中部国際空港に移った後、自衛隊機の飛行回数は増大し続けています。F35戦闘機の整備拠点化(リージョナルデポ)は、憲法無視の「日米安保」や「新ガイドラインの実践」に他ならない。

 安倍9条改憲反対とF35戦闘機の整備拠点化反対は連動しており、地域の運動に終わらせないで、県全体いや全国の闘いにみんなの力で発展させましょう。

f:id:sumiyoikomaki:20171006185745j:plain

f:id:sumiyoikomaki:20171006185948j:plain

10月8日の小牧平和県民集会に参加しよう

f:id:sumiyoikomaki:20170807150459j:plain